ho-jun

芳醇/豊潤 ・ 小説と漫画創作 ・ 本と映画レビュー ・ 初心者社会学 ・ 日々考えること

無題

其の人はがくりと頭を垂れました。白い涙がはたはたと、灰色い袖に降り落ちるのを、わたしはぼうと眺めて居りました。
「私には如何しても。如何しても、殺せなかつたので御座います」
其の人は、其の力を以つてすれば容易く首のひとつも折れたであらふと
思はれるほど強く、両手を膝の上で握りしめて居りました。
「…可哀想と思ふが、此れも仕事ですので」
何故だか昼間に花屋で見た、だりあの赤々しかつたことが
ふと蘇つたのでありました。