ho-jun

芳醇/豊潤 ・ 小説と漫画創作 ・ 本と映画レビュー ・ 初心者社会学 ・ 日々考えること

【映画】(500)日のサマー

2014年に鑑賞した映画No.1 ヒロイン役のゾーイー・デジャネル(Death Cab For Cutieのベンの元嫁:※下記)のかわいさが悩殺的。 冴えない主人公と、人を魅了してやまないヒロイン。共通の好きなバンド、ザ・スミスを主人公がエレベーターで聴いていたところ音漏れを聴かれる、という運命的なきっかけにより、紆余曲折だらけの男女の関係が始まる。 こんな冴えない青年が、こんな素敵な出会い方をしていいわけがないし、こんな恋愛が成就するなら人生苦労はしないぜ、と鼻白む気持ちにしっかり応えつつも最高にロマンティックな恋愛映画。ハリウッド的ラブストーリーにうんざりした時にぴったりです。 「モテキ」のダンスシーンがこれのオマージュであることがあまり世間で触れられていないのが意外。 ※元ダンナのバンドはこちら。元ダンナはPVには出てきませんが。