旅するトナカイ

旅行記エッセイ漫画

コペンハーゲン最終日 15日目【後厄パリ・ベルリン・コペンハーゲン旅行】

後厄・八方塞がりパリ・ベルリン・コペンハーゲン女ひとり旅

(前回はこちら

 

今日で観光の最終日。

 

 

 

目次

 

 

15日目 水曜日 コペンハーゲン

7:30 起床

腕と足が筋肉痛。

昨日そこまでのアクティビティはしてないはずだけど…と思ったら、たぶん救世主教会の塔のせい。緊張して変な力の入れ方をしていたのだろう…。

 

9:00 朝食

駅の向こう側にある、大きめのスーパー「REMA1000」に朝食を買いに行く。

ベッティーナ号の24時間券が10時までなので、ラストライド

駅前の広めのスーパー

大当たり! NETTOよりも広くて品揃え豊富。パンは3.5kr〜。カップ麺やサラダ、ヨーグルトも。

今晩のビールも買おうかと思ったけどホテルの部屋には冷蔵庫がないので、今晩また買いに来よう。

 

パンやサラダも豊富
お土産を買うのにも良さそう


買ったもの

f:id:i--o:20240524131016j:image

  • ヨーグルト
  • オレンジジュース
  • パン3種類
  • エビのパスタサラダ
  • カップヌードル(カレー)
  • にんじんスティック…というかスティックにんじん
  • カットフルーツ

106.95kr(¥2,402)

 

ここでベッティーナ号を返却。グッバイ、ベッティーナ号。

 

朝食は部屋で。

f:id:i--o:20240524131024j:image

  • パスタサラダ
  • パン半分
  • ヨーグルト

貧乏旅行にホテル備え付けのコーヒーが沁みる…。

 

パスタサラダ、美味しい。平たいきしめんみたいなパスタ。

久々にお腹いっぱいになった。満足。

 

洗面台で服を洗濯。

 

 

10:10 出発

今日は「フレデリクスボー城」を観光したい。

ホテルに置いてあった観光マップに載っていて、その写真の美しさに囚われてしまったのだ。Googleマップの写真を見ているだけでもムクムクと興味が湧く。パリ・ベルリンで宮殿の類はもうこりごりだけどこれだけは見てみたい。ここでしか見られない何かがここにある気がする。

maps.app.goo.gl

 

電車で1時間の場所にあるので行ってみる。

 

コペンハーゲン中央駅からHillørd駅へ向かう。

 

今日もチボリ公園を塀の外から眺める

 

駅前のここだけいつも通る時に「大丈夫?」ってなる

いちいち凝っていて楽しい

気になる子どもの彫刻

 

コペンハーゲン駅は観光客も多くて賑わっている。

 

ツアーや修学旅行みたいな団体も多い

 

券売機で目的地の駅を選択して、必要な金額を支払う。

「Hillørd」と入力しても候補に出て来ず、「H」だけ入れて候補から探す。

運賃 66kr(¥1,482)

 

掲示板で自分の路線のプラットフォームを確認

 

電車の車体には行き先などが何も表示されていないので「プラットフォームに時間通り来たからには合っているはず」と信じて車内へ。

 

車内は正気ですかってくらいレトロフューチャー! まるでディズニーアトラクション!!

公共交通機関でこんな内装を作れるデンマーク人、やはりデザインセンスが一線を画している。

 

入口と座席は自動ドアで仕切られている(冬寒いから?)自動ドアの感度が弱いので手をかざして開ける

車内の路線図で正しい電車に乗れていることは分かった。
40分ほど乗る。

 

車窓からデザイン建築探しも楽しい

電車はどんどん田舎の方へ

 

 

11:10 Hillørd駅、到着

閑散としている地方の駅。本当にここに観光名所が…?

バスに乗り換え

城までは301番、302番バスで4駅。が、バスの運転手さんからチケットを買う時は現金のみらしい。現金のデンマーククローネは一銭も持っていない。

駅の券売機で買おうと思ったがタッチパネルの反応が悪くて買えず。

 

参考にしていたブログでは城まで歩いていたので、それに倣って歩くことにする。(チケットも高いし。)

 

結果、徒歩で正解!

 

駅前はパッとしなくてうら寂しいけど、一本通りを挟めば観光客向けの商店街。

道標もあるので安心



 

そして…道なりに歩いていくと…

 

 

気持ちの良い湖、発見ーーー!!

あれがフレデリクスボー城ーーー!!!
白鳥やカモが泳ぐ、優雅な風景

 

あまりに気持ち良いので、ベンチに座って朝食で半分残していたパンを食べる。

 

カラスが寄ってくる。こっちのカラスはかわいい。湖は動物園の鳥ゾーンの匂い



食べ終わったら、出発。湖畔を歩いてフレデリクスボー城へ。

 

高級リゾートっぽい
ゴミ箱でソーラー発電?
おしゃれ公園におしゃれ遊具

どんどんお城に近づいていく

お城の目の前は観光街だった

 

 

11:40 フレデリクスボー城、到着

薄緑色の屋根が美しい…
この塔のバラバラ感が美しい…!!!

周囲の建物もニューハウン並にかわいいので油断ならない


f:id:i--o:20240524221616j:image

門のレリーフ、橋の彫刻、全てが素晴らしい

橋を渡って入場。

 

※ このフレデリクスボー城、あまりにも写真が多い& 何から何まで良すぎて絞ることもできないので、別記事でフレデリクスボー城特集します。

なぜならこの2週間以上・3都市に渡る長旅の中でこのフレデリクスボー城がダントツで一番良かったからです。

お楽しみに。

 

 

要約:

  • 全ての部屋が良い
  • 天上、家具、全てが美しい
  • 教会と大広間は圧巻、感嘆
  • 3階は部屋ごとに色が違う部屋が並んでいてかわいい
  • アンティークな置き時計のベルがちょうど鳴った。シャララ〜ンと綺麗な音色
  • 「Prisoner's Tower」は工事中で入れず
  • この当時から椅子のデザイン性が高い。さすがデザイン大国
  • 一番の売りである湖からの風景を楽しみにしていたが、工事中&逆光で映えず
  • 庭の木の剪定も見たことないタイプで面白い

 

 

13:30 お昼ご飯

フレデリクスボー城を出てすぐのベンチでランチ。

スーパーで買ってきたものをピクニック気分で食べる。

f:id:i--o:20240528095434j:image

  • パン 1個
  • フルーツミックス
  • スティックにんじん
  • オレンジジュース

スティックにんじんは素材を味わう私でもさすがにマヨネーズが欲しい。普通のにんじんをにんじんスティックにした方が美味しい

 

 

13:50 駅へ向かう

来た時には湖畔を歩いたけど、今回は商店街を通って駅へ。

観光客向けのお店が並ぶ

陶芸カフェ。どうやら陶芸体験ができるらしい。やってみたかった…!
アンティークショップ。デザイン家具がわんさか
左側のロゴが漢字みたいでかわいい雑貨屋さん
北欧に鳥の置物はよくあるけど、こんなゆるキャラ風味のは初めて見た

このシリーズは空港でも売っていたので今売り出し中のお顔シリーズなのかも

 

お土産の鍋敷き&鍋つかみを購入。

179.70kr(¥4,040)

 

湖が臨める広場の真ん中に公共トイレ発見。

デンマークは広場の地下にトイレがあるものなのかも…?

床がびしょびしょ&落ち葉がぐしょぐしょ。雨なのか清掃車のせいなのか?

掃除は行き届いている&真昼間で人の少ない平日だからいいけど、ちょっとトイレの中は治安が悪い。手洗い場の水道の水が出なかった。

 

駅へ歩く。

 

事故に逢ったのかな? さすがにこういうデザインじゃないよね?

駅前の街頭、下にベンチ代わり? フェンス代わり? でシンプルに岩が置いてあるところに「自然を愛する北欧」を感じる

 

 

14:40 Hillørd駅

駅に到着。

券売機でチケットを買って乗車。券売機のタッチパネルの反応が悪い。どうやらタッチするガラス面と、中に設置されている機械がズレてしまっているらしい。

66k(¥1,482)

 

f:id:i--o:20240528101830j:image

 

車両のデザインは同じだけど、今回は車内にらくがきがない真新しい車両でより快適。デンマークはらくがきとポイ捨てが多い。

 

コペンハーゲンに近づくとどんどん都会になってきて、乗客も増えてくる。

目の前の席にホームレスの大柄なおじさんが座る。(改札がないので乗車券を持っていなくても乗れる。)ずっとデンマーク語でなにか独り言を言ってるけど、怖い感じはない。周りの人もスルー。真正面では匂いに耐えられず、次の駅で降りるふりをして隣の車両へ。

 

隣の車両で座っていると、何か喚きながら車両を通り過ぎていくおばさん。ただの独り言なのか、物乞いなのか? 特に誰に話しかけるともなく前の車両へと歩いて行った。

 

 

15:00 地図屋さんで地図の受け取り

昨日注文した地図屋さんから、世界地図の用意ができたとメールが来ていた。

コペンハーゲン駅で降りるとその足で地図屋さんへ。

韓国系の店員さんが良い笑顔でレジをしてくれる。

商品を渡される時に「Good choice. Enjoy it!」と笑顔で言われた。

地図って「Enjoy」するものなんだ。使うものであって楽しむものだとは思っていなかった。持って帰ったら地図をエンジョイしよう。

世界地図ポスター 395kr(¥8,872)

 

ポスターサイズなので筒に入れてくれたのだけど、けっこうな長さがあるので飛行機に待って入れることを祈るしかない。雨傘を持って搭乗する人もいるんだから大丈夫だろう。

 

 

15:00 ホテルに戻る

疲れた…!!!

 

昨日までの疲れが残っているのもあるし、フレデリクスボー城、思ったよりも長時間楽しんでしまった。

今日で最終日なので悔いなく観光したいけど、身体が動かない。

しばらくホテルで休む。

 

昨日通った図書館や博物館、今日は無料なので行くつもりだったけど17時閉館のところが多いので無理そう。

 

フレデリクスボー城に置いてあった椅子のデザインが良かったので、デンマークのデザイン家具を見たかった。デザイン系の博物館、次の機会があればチェックしよう。

 

スーパーで買っていたカップヌードルのカレー味を食べる。

味はノーマルのカップヌードルに近い。スープもさらさらで日本みたいなドロッと感がない

 

 

17:30 王立図書館へ

図書館ハンターとしてはデンマーク王立図書館」だけは行っておきたい。

maps.app.goo.gl

 

なんと、別名「ブラック・ダイアモンド」

デンマークの建築家が設計した新館が黒光りするキュービックな建物なのでその名がついたのだ。

北欧はこういう厨二心をくすぐるセンスをさらりと披露してくるので放っておけない。北欧神話は厨二の金字塔みたいなものだし、心の中に厨二を棲まわせている方はぜひ北欧を楽しんでほしい。

 

徒歩15分の距離。歩いて向かう。

 

道中も通りかかる全ての建物のデザインが気になる…。

こういうシュピーンとした建物もある
そして道の一本先にはこういう景色が現れる

なんでナチュラルにこういう景色があるのさぁー…どうなってるのー…意味がわからないよ…

どうしてレトロ建築と最新建築がうまく風景の中で共存できるのか、不思議。どちらも「海と空を美しく見せる建物」ということが接続点になっている気がする。
ニューハウンのカラフルな建物たちもそうなんだけど、個々の建物が個性を持って自己主張をしながらも隣の建物や周りの風景と調和する…という高度なテクニックが「センス」としか言いようがない。

 

昨日けっきょく入らなかったデンマーク・デザイン・センターも、入り口の反対側から見るとかっこいい。抜けの黄色い建物も含めて

 

「ブラック・ダイヤモンド」到着。

海辺に現れるダイヤモンド

かっこいい
押しボタン信号、ドイツではセンサーだったけどこちらのはボタンを押し込むタイプ。ボタンを押せてないまま信号を待っていて恥ずかしかった

 

入ると1階はカフェとギフトショップ。

 

天井が高くて美術館みたい

広すぎてどこに行けばいいのかが分からない。

Googleマップの写真で見たようなクラシカルな雰囲気の部屋がどこにも見当たらない。

いろいろな施設が集まっている
壮大なエスカレーター
中もすごすぎぃ…ここが「Reading Room」らしい。書架ってことかな?

渡り廊下から旧館らしきものへ
クラシカルゾーンに到着

入れたのは廊下の部分だけで、部屋は閉館していた。もっと早い時間に来ていればもう少しいろいろ見れたのかも。

想像以上に壮大すぎたので今回の攻略は諦める。

 

なぜ北欧は像となると途端にコミカルになるのか
こんな絶景を眺めながら自習できるって…信じられるかい…?

 

外に出て、海辺を散歩しながら宿に戻る。

 

時間は18時。快晴でいちばん気持ち良い時間

この時間が一番いい。この時間こそ街をぶらぶらしたいのだけど、たいていのお店や観光地が18時には閉まってしまうのが残念。でもそのおかげで店員さんもこの18時の良さを味わえるのだと思う。

日本で「清々しい時間」っていつかな…朝5時とかかな…その時間に起きるのはつらいな…日本で「清々しさ」を得るのって難しいんだな…。

 

橋までかっこいい

海風が強いので橋には近寄らなかったけど、きっと橋からの景色も素晴らしいのだろう…。

 

 

18:30 スーパーで買い物

今朝来たのと同じ、駅の反対側にある「REMA1000」で買い物。

 

朝には売っていないパンがあった。朝のパンは袋売りになっている

27k(¥606)

 

カップヌードルとジュースは明日の朝ごはん。

 

19:00 Tivoli Food Hallへ

昨日に引き続き、フードコートで夕飯を買う。

自分な食べたいものは嗅覚が教えてくれると信じて、ぐるりと一周。スパイシーなチキンの味に惹かれたのでチキン屋さんへ。

チキンウィング1/4羽&ポテトフライ 135kr(¥3,032)
いつも1日の終わりに夕飯の値段が心臓にクる

 

ホテルに戻って荷物を置き、ロビーで夕食。

お昼に残していたスティックにんじん、ちょうどポテトについてきたタルタルソースがマッチ
カールスバーグもおいしい。スイスイ飲める。「たぶん世界一のビール」とは自信があるのか謙虚なのか



20:30 部屋に戻って荷造り

明日はいよいよ帰国。新しく買ったスーツケースで荷造り。

全て詰め終わった後に、白いトレーナー&白い靴下がベッドのシーツと同化して詰め忘れていたことに気づく。全て詰め直し。

部屋が間接照明のみで暗いので、明日の朝ちゃんとチェックしよう…。

 

 

21:30 就寝

 

 

後厄度 ☆☆☆☆☆

歩いた歩数 24,879歩

 

16日目に続く)

(その前に、フレデリクスボー城の特集はこちら)

www.fusakonoblog.com

 

 

↓ 1日1ポチお願いします!

 

 

 

 

・・・・・・・・・・

 

北欧旅行記

 

本で読みたい方はこちらからご購入ください↓

(近々、値上げするので今のうちにどうぞ…)

旅するトナカイ - BOOTH